waytowelltour公式ーペニス増大サプリ5つの魅力

ペニス増大サプリを使えば女性も男性を魅力的に感じてくれる

私は40代の独身男性ですが、ペニス増大サプリのおかげで一回り年下のセフレがいます。

このセフレはエッチが大好きで、一回した程度じゃ収まりはつきません。
精力に不安があったので初回からバイアグラを使ってエッチしたんですけど、そのせいでセフレは何度もするのが当たり前のような感覚になってしまいました。
その期待に応える為、会う度にバイアグラを服用してました。

ところがバイアグラの在庫が切れてしまい、たまには違うED治療薬を試してみようと思ってレビトラを購入しました。

さっそくセフレと会った時レビトラを使ってみました。
最初の副作用は、体の火照りと鼻づまりからです。服用から15分後に体の火照り、30分後に鼻つまりが出だしました。

まあこれはバイアグラでも出る副作用ですし、これって薬の効果が出だした証拠でもあるんですよね。


効いてきたってことでさっそくセフレとエッチを開始します。

ED治療薬って精神的にムラムラして勃起するとかではなく、直接的な刺激(手で触ったりフェラチオしたり)といった刺激に強く反応する薬なんですよね。
挿入前になっても勃起してなかったので、セフレにフェラチオしてもらうと即勃起しました。

バイアグラ同様の硬さになってますし、これならセフレを満足させられるだろうと思い早速挿入をします。
最初はあまりの硬さにやや痛がるセフレですが、ゆっくりピストンをするとすぐ快感だけになります。
まずは快感を高めるため、急なピストンはせずに最初は入口で出し入れを繰り返します。

たまにゆっくり一番奥までつき、また入口で往復。
これを続けてるとセフレはイキやすくなるんですよね。
5分ほどこれを続けてから最奥にある子宮をグリグリするかのように突き入れます。

ピストンはせず、子宮口に当てながら腰を回すような感じですね。
これにはセフレも感じまくり、まずこれで一回目イキました。

ペニスの小ささには人一倍自信がなかった為、ペニス増大サプリを飲んでいたのが良かったのかもしれません。

ペニス増大サプリはちんこの大きさを維持してくれサイズもアップさせることが可能と言われています。

20歳を超えてからも、ちんこはまだまだ成長する可能性があります。それを促すのは、ペニス増大サプリと呼ばれるものが有力な手段です。

例えば、ペニスをサイズアップにはアルギニンやシトルリンといった栄養成分が必要ではないかと言われます。

それらを含むサプリ、例えば「ヴィトックスα」などを選び、継続使用することでペニスのサイズアップが狙えるでしょう。
引用サイト:ペニス増大サプリおすすめ人気ランキング|ちんこサプリ.jp

このようにペニス増大サプリを飲むことによって女性も喜ばせるペニスを手に入れることは可能なのです。

奥でイクとセフレはイキまくりモードとなるので、その後は入口まで引き抜いてから最奥までズドンと突き入れます。
これを三回ぐらい繰り返すとまたセフレはイキます。

調子に乗ってきてガンガン突き入れるとセフレはイキっぱなしです。
大体20分ほど正上位で突きまくったものの、不思議と射精感はきません。

とはいえ疲れたので、今度は騎乗位に移行してセフレを突きます。
すでにイキ癖のついてるセフレは10秒に一回ぐらいのペースでイキまくります。
騎乗位でも20分ぐらいしたものの、まだ射精感は訪れません。

そこで今度は体位をバックに変えて突きまくるも、私はイキません。
結局こんな感じで体位を変えたり、途中で休憩(5分程度)を入れたりしながら4時間ぶっ通しでエッチしちゃいました。

なんとか最後の力を振り絞って私もイケたんですけど、終わってから立ち上がるとフラフラでした。
セフレもフラフラしてましたが、車で自宅まで送り届けてその日はサヨナラです。

翌日私の両ふとももと右手(騎乗位になったセフレの腰を前後に動かす為)は筋肉痛になってました。
セフレにこのことを報告すると、私も筋肉痛で全身が痛いとのことです。

なんでだろう?と思って調べてみてら、レビトラって遅漏効果があったんです。
道理で普段以上に頑張れたわけですよね。

今もガッツリやりまくりたい時はレビトラを飲んでセフレと楽しむようにしてます。

ポリネシアンセックスとペニス増大サプリ

現在の彼とは付き合って6年目になります。彼とのはじめてのセックスは、付き合ってから1週間ほど経った頃。それ以来数年、何度となく身体を合わせてきましたが、実は「挿入時にイケない」という悩みを抱えていました。どこで身につけてしまったのか、「これじゃないとイケない」という体勢があり、足を伸ばして、首を上げ、息を止めているタイミングでしかイケないというおかしな癖に苦しむ日々。もっと力を抜いてと言われても、それだとどうにも、オーガズムに至る感覚が見出せないのです。前戯で感じる快感と挿入時のオーガズムで得られるそれは全く別物だと話す友人。

羨ましさや憧れを感じていたその頃、何とか打開策はないかと思いネットで検索した結果見つけたのが、このポリネシアンセックスでした。ポリネシアンセックスは、私のそれまでの概念を大きく覆えすもの。

挿入の目的を射精やオーガズムに置くのではなく、挿入中もただ静かに抱き合って、精神的な交わりを優先するというものでした。そして何より興味深いのは、5日間かけて一回のセックスを完結させるという点。ポリネシアンセックスでは、5日間のうち最初の4日間は挿入することなくその日を終えます。代わりに、お互いへの愛撫にとにかく時間をかけるんです。つまり、この4日間のプロセスを通して、5日目に得られる挿入時の快感をより大きなものにしようというのが魂胆。分かりやすくいえば「焦らし」のような感覚でしょうか。最初は彼と、「こんなのあるらしいよー」と半信半疑で試してみたのがきっかけでした。

私の彼も、どちらかというと興味ある事は積極的に試してみたいタイプ。私が望むならと乗り気になってやってくれたのですが、結論から言うと、慣れないうちはこれが非常に辛い!のです。気分が高まってきても、ゴールのない愛撫に終始。

普段は二人して冗談を言い合う関係性ですが、この4日間はとにかくのんびり、思い思いのことを呟いたり、どれだけ相手のことが好きかなどを話しながら触れ合っていました。すると不思議なもので、普段なら触られても何ともない場所が、何故かすごく気持ちいいんです。彼としてはそれが引き金になって挿入したい欲に繋がるようで、お互いに収まりどころのない気持ちを静めることに非常に苦労しました。しかし、いざ5日目。ここで私はとても不思議な体験をすることに。その日はお互い仕事が遅く、ベッドに入ってすぐに寝てしまったのですが、深夜彼に身体を触られ起きることに。

マッサージのような愛撫のような感触を楽しんでいたところ、ふと「今ならイケる」という感覚に陥ったのです。何より驚いたのは、自分の膣内で最も快感を得やすいポイント、要するにここに当ててもらえればオーガズムを得られるという確信を芽生えたことでした。

説明し難いですが、こんな感覚は初めてで、私から彼に挿入をせがむことに。そして、自分の中にあるそのポイントに彼が触れたところ、一瞬にして高まりを感じました。それまでに経験のない快感。これがオーガズムなんだ!と初めて分かった体験でした。

それを皮切りに、4日間のプロセスがなくとも挿入でイケる身体になりました。ずっと悩んでいたことが、それほど期待せず興味本意で始めたポリネシアンセックスのおかけで見事解決。ちなみに本来のポリネシアンセックスは、挿入してから30分間はピストン運動をせずじっと抱き合っているのが、正解なようですが、それに関してはまだ未経験。それを実践すればもっと大きな快感を得られるのでしょうか。機会に恵まれれば、そちらも試してみようと思います。

ポリネシアンセックスにもペニス増大サプリは向いているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です